TOP > iPhone向けサウンド事情

iPhone向けサウンド事情

iPhoneはもともとipodも意識して作られていることから音楽プレーヤーとしての役割も兼ね備えています。

他のブランドでは音楽プレーヤーは専用機で登場することが多いですが、どこでも聞けるプレーヤーとしてスマートフォンは重要であるとアップルは考えているようです。


iPhoneの音楽性能は世代ごとに向上しており、対応するヘッドホンなども充実しているのが特徴です。

iPhoneは専用端子が用意されていますが、他のブランドと違って販売台数が多いことから、iPhone専用として販売されるオーディオ製品が増えており、機種によっては車向けの製品でも登場しています。



オーディオ製品できになるのが音質です。



一般的なCD品質はもとより、ハイレゾと呼ばれるさらに高音質なオーディオファイルも用意されてきていることからiPhoneでもさまざまな品質の音楽を楽しめるようになっています。

ただし、音楽を聞く際にはitunesの利用が前提となっており、MacやWindows向けのitunesとの連携が重要になっています。

連携にはケーブルで接続する以外にicloudと呼ばれるクラウド環境を利用することもできるようになっていますが、ハイレゾについては他のアプリでの対応となっています。

ハイレゾはアップルとして正式対応されていませんが、アプリで対応してきているので困りません。



また、ライトニングケーブルで繋がるアンプなどもあり、充実したオーディオライフが送れると好評です。


Copyright (C) 2016 iPhoneを自分好みにカスタマイズする All Rights Reserved.